店主 坂元研太郎


<< ご  挨  拶 >>

平成25年6月  記

九州の最南端、鹿児島県で漢方相談専門店を営みます坂元です。
開業して約27年。
60才還暦になりました。

この年になって、最近やっと年輩の方からも
同じ目線でお話を聞いていただけるようになったような気がします。鉢植え
いくら勉強をしても
人生経験に基づかないアドバイスは
70年、80年生きてこられたお客様の心には響きません。
結婚をして、子育てをして、孫が出来て
色々な苦労をして、初めて実感を持って
人様のお話を聞き、
人様にお話が出来るものと思います。
従ってお客様との毎日の出会いが
そのまま私の貴重な経験になります。
ひとりとして同じ人生を歩いてきた人はいないのですから
その歩いてこられた人生をお聞きしないと
慢性病といわれる病気は治すことが出来ないと思っております。
店頭では1時間、2時間の相談時間はいつものことです。

当店は漢方相談専門のお店です。
私のホームページにはご相談受け付けの電話番号がUPしてありますが
そのご相談には私が全てお答えいたします。
電話で何が分かるか、と言われる方も多いとは思いますが
普段ご自分が電話をされるときのことを思い出していただければ分かると思いますが
電話先の向こうの細かい息遣いまで、
会って話をするよりもよく分かりますよね。
お電話で30分、1時間、
また、何回もお掛けいただくことによって
私の人となりも、ご相談者のお人柄もお互いに分かってきます。
いくら face to face 顔と顔を付き合わせてお話ししても
その心が伴わなければ、本当のことは見えてこないものと思っています。
お顔の見えない電話だからこそ、見えてくるものもあると思っています。
赤い実
基本的に、私は御相談をいただくだけで
ありがたいと思っております。
それは先ほども書きましたように
その一つ一つが私の貴重な経験になるからです。
漢方相談の力は経験の積み重ねしかありません。
ホームページのおかげで
日本全国の方から経験を積ませていただけて
こんなにありがたいことはないと思っております。

ただ、
漢方の見立てというのは
同じ人を100人が見たら
100人ともそのお奨めする漢方薬というのが違います。
勿論基本的な見方というのはありますが
見る側の力量、
それは学歴とか、どんなに勉強をしたかとか云うのではなくて、
人間性みたいなものが大きく関わってきますから
どれだけ見る力があるかということになってきます。

私の説明に納得していただいた方は
是非、お買いあげください。

HPを開設(平成12年5月5日)いたしましてから早くも13年経ち、
アクセスも277,000件(平成25年6月7日現在)を越えました。
人口15000人の肝付町と云うところで営業しております。
その人口を何倍も超えるアクセスがあったということです。
 インターネット云うのはすごいですねえ。
御注文も北は北海道から、南は沖縄まで。
最近ではご近所の方がHPを見たといって
訪ねてこられるようになりました。
今では、パソコンとインターネット無しでの仕事は考えられません。
見よう見まねで作り始めたHPですが
全て私の手作りですから
技術の未熟さは努力に免じてお許しいただき、
より一層インターネットによる漢方相談に
力を注ぎたいと思っておりますので
これからもよろしくお願いいたします。

店主   坂元


<トップページ>へ