漢方では

痔疾の主原因は『欝血(うっけつ)』!と考えます。

二本足で立って生活する人間には、肛門部が心臓よりも低い位置にあるために、肛門部に張り巡らされている静脈に圧力がかかりやすく、
欝血が生じやすいのです。
さらに、便秘や妊娠、食生活など様々な要因が関連して
色々な痔疾が生じてきます。
そしてこのほかにも、痔疾は
などにも起こってくるように、その原因や誘因が沢山あります。

下のグラフを見てください



痔の直接の原因の色々

思い当たることはありませんか?(^_^)




漢方薬を服用すると共に次のようなことに気を付けましょうね

◎便通を整える
 便秘になると・・・ついトイレに長居する。力を入れて無理矢理押し出そうとする。
この様な行為が肛門の粘膜に傷を付けるため、痔の中でも特に裂肛(切れ痔)につながります。
 又、下痢は痔瘻を悪化させるもので、下痢気味の場合は繊維の多いものや冷たいもの、香辛料などの刺激を与えるものは避けましょう。
 毎日の規則正しく、気持ちよい排便の習慣を身につけましょう。

◎適度な運動を
 サイクリングのように同じ姿勢でいるものは、欝血を助長することから避けた方がよいですが、ランニングや体操などの軽い運動は血液の循環を良くします。

◎怒らないよう、穏やかな毎日を心がける
 漢方では怒るという感情は肝臓と関係があるとされています。
即ち、肝臓が悪いと怒り症になり、怒ってばかりいると肝臓が悪くなると云う悪循環を繰り返します。
 肝臓が悪くなり炎症を起こすと肛門部の欝血を悪化させてしまう為、怒ることが痔の改善の妨げになるのです。

◎刺激のある食べ物は避ける
香辛料などの刺激の強いものは骨盤内充血を起こすので、控えめにしましょう。
又、アルコールは肝臓に負担をかけるために、肛門の欝血につながります。
痔疾の改善のためにも、アルコールはなるべく控えましょう。

◎入浴で患部を清潔に
入浴して温まることで、肛門部の血行が良くなり、欝血を取り除きます。
又、細菌の感染による炎症や化膿は原因が細菌であることから、患部を常に清潔にしておく必要があるようです。
 よって、毎日の入浴と、その後のネオトラバングリーンでの消毒が理想的です。
 しかし、炎症を起こして患部が腫れている場合や肛門周囲膿瘍の時などは、入浴を控えましょう。

この様なことに気をつけながら漢方薬をしっかりと続けましょう。



あなたの痔(ぢ)はどのタイプですか?
↓↓↓  ↓↓↓  ↓↓↓

いぼ痔 脱肛 切れ痔
いぼ痔 脱肛 切れ痔
痔ろう 肛門周囲膿瘍 肛門ポリープ
痔ろう 肛門周囲膿瘍 肛門ポリープ

痔についてなんでもおたずねくださいね・・・店主 坂元研太郎

<痔のトップ>へ
<トップページ>へ