冷え症 生理不順 更年期障害 薬 漢方薬あります
漢方のサカモト

ご   相   談   科   目
ぢ・痔 鼻 炎 ちくのう せき・たん 高血圧 糖 尿 肝 臓 腎 臓 女性病 胃腸病 便 秘 皮膚病





女性に特有の症状
生理不順 生理痛 冷え性 便秘 肩こり
正常な人は、生理は1ヶ月前後の日数で、ほぼ一定の間隔が保たれています。
不規則な人は、2,3ヶ月に1回あったりなかったりと不規則な状態です。
生理がひどくて、生理のたびに鎮痛剤を飲まなければならない。憂鬱な日々です。
でも、健康な女性には生理痛はないものです。
足が冷えて眠れない。
腰が冷えてカイロを手放せない。
夏でも冷房のために冷え性は良くならない。

女性の半数以上が冷えを感じています
自然のお通じは1日1回の快便です。ところが、女性は腹部臓器(子宮、膀胱、腸)が複雑なため便秘になりやすのです。腹部の血行が悪いと腸の働きも弱くなり便秘がちになります。 若いのに肩がこる。肩がこりつけると頭まで痛くなる。
肩から首にかけて張ったようだ。
あんまをしてもらってもすぐに肩がこる。
頭痛 更年期障害 のぼせ 不眠 産前産後の不調
痛みだけを消しても、頭痛持ちの身体の方はそのままです。
頭痛も貧血やホルモン分泌の異常が原因でもあるのです。
閉経の前後数年間の時期が更年期と呼ばれ、4050歳代位の婦人が含まれます。この時期はホルモンのバランスが壊れやすなっていますので、一寸したきっかけがもとで、色々と不快な症状が出てくるのです。 身体がカーツと熱くなる。
足は冷えるのに頭の方はのぼせている。
眠ろうとしても神経が亢ぶって眠れない。
寝不足の翌日は疲れが残っていて何をするにもカリカリと神経がいら立つ。
お産の後疲れやすくなった。
産後、流産後に貧血するようになった。
貧血・低血圧 肌荒れ
このほかにも、めまい、耳鳴り、憂うつ、不安感、動悸、息切れ、ヒステリーなどの症状が現れることがあります。
女性の貧血者は多く、外見は元気そうでも、血液がうすかったりするものです。疲れやすく、ものを考えるのも煩わしく、眠くてたまらないほどついうとうとする事も多くなります。 健康でみずみずしいお肌は女性の望みです。しかし、女性ホルモンの分泌不足の人は血液の循環も悪く、しもやけ、あかぎれ、肌荒れ、シミ、ソバカスなどの肌の苦情が出てきます。


この様な








漢方薬(医薬品): エッキ錠
・効能・効果
更年期の神経症(血の道)、婦人科諸疾患に起因する神経症状及び諸症状(目まい・のぼせ・耳なり・頭痛・不眠・憂うつ症・不安感・頭重・肩こり・動悸・息切れ・腹痛・冷え性)、月経異常、生理不順、生理痛、貧血に伴う全身倦怠、産前・産後及び妊娠による貧血、ヒステリー、白帯下(こしけ)

 エッキについてより詳しく・・


製造元:
剤盛堂薬品株式会社
※服用方法はお買上時にご指導いたします。



エッキ錠360錠(税込) 6,930
数量


<トップページ>へ
<<今月のまごころプレゼント>>